vegieのグリーン酵素スムージーって美味しいの?実際に飲んでみた!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回もまた新しいグリーンスムージーを買ってきました。

vegieのグリーン酵素スムージーです。20歳を超えたあたりから健康を意識するようになってきて、その弊害で「酵素」と入ってるとなんか体に良さそうだなと思って惹かれちゃうんですよね。

で、酵素ってなに?

調べてみると、酵素は生きていくのに必要不可欠な成分であり、たんぱく質で出来ているために熱に弱いそう。60度くらいで成分が変成して効果を失ってしまうみたいですね。つまり、酵素を効率よく体に取り込むには生野菜などの加熱しないものを食べるといいと。

ちなみにこの酵素、20歳あたりから酵素を作る力が衰え始めるみたいです。つまり、私が20歳を超えたあたりから「酵素」という言葉に惹かれるのは生体的な反応だったわけですね。大丈夫かな俺の体

「酵素ドリンク」などの商品に対しては賛否両論ありまして、「タンパク質で出来ているなら体内で分解されるので、酵素としての効果を得られない。酵素は体から作られるもののみ効果がある。」というように酵素食品を否定するものとして納得できるような話もありますが、私としてはそんな科学的根拠みたいなのより健康に良さそうなもん食っとけば安心できるっていう気持ちが大事だと思うんですよね。プラシーボ効果的な。

とにかく、このグリーンスムージーに酵素が含まれているのはもちろんですが、その他にも原材料としてさまざまな野菜や果物が使用されているので健康には期待してもいいんじゃないでしょうか。

朝おにぎりだけ食べて出かけるよりも、おにぎり+グリーンスムージー(青汁)とセットで食べる方が体に良いに決まってます。きっとそう。

目次

グリーン酵素スムージーとは

グリーン酵素スムージー 1,664円

袋にも書いてあるように、180種類の野菜・果物発酵エキス+11種類のビタミン・ミネラル・食物繊維が売りみたいですね。

味はアップルマンゴー風味で、栄養ドリンク(主に青汁)の苦みが苦手!という方でも余裕で飲めてしまいます。最近はこういったジュース感覚で飲める栄養ドリンクが増えているのでとても良い風潮だと思います。

毎朝のキレイ習慣

・すっきりサポート>180種類の野菜果物発酵エキス・食物繊維配合
・インナービューティー>プラセンタとコラーゲンで美容面でもケア!
・続けられるおいしさ>スッキリとした甘みのアップルマンゴー風味でクセがない!

一杯分(20g)あたりに含まれている栄養素として、以下のような成分が取り上げられています。

3種類の成分

食物繊維 10,000mg

10,000mgということは、10gということですよね。

じゃあ、10gって書けよとは思いましたが、10gよりも10,000mgって書いた方が見栄えは間違いなく良いですもんね。人間は単純なので数字がデカく見えるものに魅力を感じてしまうようです。

人間が1日に摂取する食物繊維の目安量としては、男女ともに20gくらい(18歳以上)だそう。つまり朝と夜に飲んでいれば、その他で食物繊維を意識して摂る必要はなくなるということ。

プラセンタ 2,000mg(相当)

プラセンタは1杯あたり2,000mg(相当)らしい。

相当というのは、このグリーンスムージーにはプラセンタではなくプラセンタエキス末として成分表示されていて、このプラセンタエキスがプラセンタ2,000mg分入っているよ、ということらしいです。ややこしいな。

プラセンタを摂取することによる効果として、基礎代謝の向上がありますね。これにより血行が良くなって疲れの原因となる乳酸がたまりにくい体が作られていきます。

また、40~50歳あたりに発症しやすい更年期障害による自律神経失調などの症状を、ホルモンバランスを整えてくれることによって緩和してくれる働きもあります。

コラーゲン 200mg

よく通販番組とかでもアピールされやすいコラーゲン成分。

ぶっちゃけ、「お肌がツルツルになりそうだわ」くらいのアバウトな認識しかしていない人、結構居ると思います。僕もそうですし。

調べてみると、この記事だけでは説明しきれないくらいに膨大な量になりそうなので、簡潔に書きます。

コラーゲンってこんな成分

・体内のさまざまな組織を形成して維持する成分
・丈夫な足腰や毛髪、健康的な肌を作るのには欠かせない!
・加齢によって、コラーゲンを作る働きが衰えてくる

かるくまとめました。

他にもさまざまな効果がありますが、とにかく人体に必要不可欠な成分であることが分かりますね。

実際に作ってみる

というわけで、実際に作っていきましょう。

切り口からピリッと破き、フタを開けます。
当たり前ですが、チャック付きなので輪ゴムなどで止める必要はありません。

フタを開けた写真

写真はすでに7~8回使ったあとのものなので、実際はもっとたっぷり入っています。

作り方

1:一杯につき粉末10~20gをコップ・シェイカーに入れます。
2:水や牛乳を100~200mLを注ぎ、かき混ぜます。
3:完成!

今回は粉末10gの方で作っていきます。

まずはコップに粉末10gを入れる。

10g分コップに入れました

コップに粉末を入れたら、水や牛乳などを100mL注ぎます。(20g使う場合は200mL)

私は今回牛乳を使います。

牛乳100mLを入れました。

なんか、ドラクエとかの毒ダメージとして出てくるエフェクトみたいになってしまいましたが、牛乳を入れるとこんな風になります。

そしてこれを泡立て器とかでガシャガシャと混ぜます。飛び散らしたりコップを倒したりしないように注意してください。

ちなみに、100円ショップで売られている青汁専用シェイカーとかを使うと便利です。目盛りアリとナシがありますが、アリの方を買えば100mL,200mLを数えやすくなるのでそちらをオススメします。

完成した

無事混ぜ終え、完成しました!

底の方に混ざってないのあるけど見逃してくださいね

色は薄めのグリーンで、香りはアップルマンゴーというよりかは青汁みたいな匂いがします。
『アップルマンゴー風味』というくらいなんですから、これで思いっきり青汁の味だったらブチ切れようと思います。

飲んでみた感想

結論からいうと、おいしいです。

以前ご紹介した「en Naturalのグリーンスムージー」よりも僕はこっちの方が飲みやすくて好きですね。

飲みごたえはあちらの方があるんですが、味や香りに関してはフルーティかつ飲みやすい「グリーン酵素スムージー」の方がオススメできます。

アップルマンゴー風味とありますが、あまりアップルマンゴー感は感じられませんでしたね。

しかし、苦みやエグみなどは一切なく、フルーティな味であることは間違いありません。

水で割るとフルーツっぽい味になりとても飲みやすく、牛乳で割るとまったり感が増して飲みごたえがあります。

いつもは牛乳で割る私ですが、このグリーンスムージーは水で割った方が美味しいんじゃないかなと思います。
もちろん、朝に飲む場合や栄養価を意識した場合は牛乳で飲んだ方が良いと思いますが、こういった栄養ドリンクは「いつまで続くか」というのが重要だと思いますので、栄養・効果よりも飲みやすさを選ぶことをオススメいたします!

おわりに

今回は、vegie(ベジエ)のグリーンスムージーについて実際に飲んでみた感想や含まれている成分の効果などをご紹介させていただきました。

今まで飲んだグリーンスムージーの中では一番美味しく、飲みやすかったです。

ただ、朝昼晩いずれか1食分をグリーンスムージーに置き換えたい!という方は先ほど紹介した「en Naturalのグリーンスムージー」がオススメです。
腹持ちが非常によく、飲みごたえもかなり良いのでぜひ試してみてください。

では、さようなら!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をみんなにも紹介しよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる