池袋「らぁ麺 はやし田」唯一無二の特製のどぐろそばが美味しい。黒いナルトがポイントの名店

URLをコピーする
URLをコピーしました!

池袋駅から徒歩約4分ほどにある人気のラーメン店「らぁ麺 はやし田」に行ってきました。

特製醤油らぁ麺が1番人気ですが、どうしてものどぐろを使用したラーメンが気になってしまったので今回は「特製のどぐろそば」を注文しました。

目次

特製のどぐろそば

特製のどぐろそば 1200円

低温調理されたこだわりのチャーシュー

印象に残っている点の1つが、写真上部にあるチャーシュー。豚肩ロース肉と鶏むね肉を低温調理してしっとりとしたチャーシューに仕上げているらしい。

やっぱりチャーシュー作りに力を入れていることを前面に押し出しているお店に外れが無い気がする。美味しいです。

低温調理といえば東久留米にある「IRUCA Tokyo」のチャーシューもめちゃくちゃ美味しかった。これは鴨チャーシューだけど。

魚介系スープとは違うのどぐろの風味

印象に残っている点のもう1つ目は魚介系のスープとは全く違うけど「魚」を感じられる醤油ベースのスープ。

最初に香りがしたときはちょっと魚が強すぎるかな?と思ったけど、食べ進めていくとどんどん麺やトッピングと調和していきます。醤油スープ自体も丁度良い塩梅。

純粋に醤油ラーメンのクオリティが高い

ここまでトッピングやスープの話をしましたが、全体的にも醤油ラーメンとしてのクオリティはピカイチ。ラーメン激戦区である池袋でも人気をキープしている名店であることがうかがえる味です。

麺はサッパリとした醤油スープにあった細めの麺。麺が細いとすすりやすいので、のどぐろの香りをより感じることが出来ます。

あと、メンマや味付き玉子も◎。メンマは先ほど紹介した「IRUCA Tokyo」でも使用されている穂先メンマで、分厚いのに食感はやわらかく、でもシャキシャキ感はしっかりあるのが特徴。卵は「マキシマムこいたまご」という強そうな名前のものが使われています。甘みとコクがあり、黄身が濃いのが特徴らしい。

ちなみに、今回頼んだのは「特製のどぐろそば」なので通常よりもチャーシューが数枚多いです。しかも通常の「のどぐろそば」は味玉がついてこない。特製の方頼んでおいて良かった~~~。

黒いナルトが可愛い

ナルトが黒いのが可愛いです。ぶっちゃけ、ナルトが黒くなかったら1番人気の「特製醤油らぁ麺」を頼んでいた気がする。

味は普通のナルトと変わりませんよ

店内の雰囲気

感染症対策もきちんとなされていて清潔な雰囲気です。

完全に分断された仕切り

ただ、カウンター席の仕切りが不透明かつ大きいので2人客だと会話がしづらい。まぁ、ラーメン店ですし会話はそこまでしないとは思いますが一応。

全てカウンター席で席数はだいたい15席~20席くらい?結構奥行きがあるので席数は多めに感じました。混雑時でもそこまで待つ必要は無さそう。

食券制なので、入店したら食券機で食券を購入します。すると店員の方から席へ案内があるのでそこで食券を渡したら注文完了。待ち時間は大体5~6分程度でしょうか。そこまで待った記憶は無いです。

明るめの接客なので気兼ねなく入店できるのが良いですね。ラーメンも美味しいしリピートしたいお店です。次に食べるのは特製醤油らぁ麺にするか、それとも混ぜそばにするかめちゃくちゃ迷う。

その他メニュー

今記事では「特製のどぐろそば」を紹介しましたが、1番人気の特製醤油らぁ麺(1000円)、醤油らぁ麺(800円)、つけ麺(850円)、まぜそば(800円)などもあります。

店舗情報

お店への行き方

池袋駅東口から徒歩4分。

東口を出たら左に曲がり、道なりに進みます。300mほど進むとコンビニがあるので、その近辺にあります。(左手)

営業時間

11:00~23:00

そのほかの池袋周辺グルメ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をみんなにも紹介しよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる