抹茶好き必見!御茶ノ水「RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」で茶を食す

URLをコピーする
URLをコピーしました!

東京都のJR御茶ノ水駅(聖橋口)から徒歩5分ほどにある「RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」に行ってきました。

こちらのお店のコンセプトは「お茶を食す」。

MOKU

お茶の水でお茶を食す…優雅だね

今回はそんな「1899」の雰囲気やメニューについてご紹介します。

目次

お店の雰囲気

店内の雰囲気1

アルコール消毒やアクリル板の仕切り、客同士の席の間隔を開けるなど、感染対策もバッチリ。

テラス席で日向ぼっこをしながらお茶するも良し、モダンでオシャレな店内でのんびりするのも良し。

おひとり様でも気軽に立ち寄れる落ち着いた雰囲気です。

カフェメニュー

我々が頼んだのは、桜素材とお茶を組み合わせた春限定のカフェメニュー2種類。どちらのメニューも季節ごとに中身が変わるそうです。

1899 アフタヌーンティープレート 1,800円

1899 アフタヌーンティープレート 1800yen

桜をテーマにした贅沢な和のアフタヌーンティープレートです。

全9品

・桜色ミルフィーユ 和紅茶クリーム

・さくらと抹茶のミニパフェ

・春色羊羹(2色寄せ)

・さくらあんバターのミニどら焼き

・てまり寿司(鯛・茶飯酢飯)

・春の山菜 しんびき粉揚げ

・抹茶タルト

・濃茶アイス

・季節の果物3種

濃茶アイスは、まさに大人の抹茶味。ほどよい苦味がある濃厚な抹茶でした。

パフェと迷ってこちらのプレートにしたのですが、パウダーで”一八九九”と描かれたミニパフェもあり、なんだかお得な気分!

さらに、甘味だけでなく軽食も盛り付けられており、胃がもったりすることなく食べられました。

桜ほうじ茶の春色パフェ 1,700円

桜ほうじ茶の春色パフェ 1700yen

桜ジュレ、桜餡など桜素材とほうじ茶スイーツを組み合わせた春限定のお茶パフェ。

自家製のほうじ茶プリンをベースに、酒茶ケーキやカリカリな抹茶あられなど、17種類の食材が綺麗に盛り付けられた豪華なパフェで、色んな味や食感が楽しめます。

MOKU

甘酸っぱいベリーソースもいいアクセントで美味しい!

春限定メニューは期間は初夏の5月末まで!次の夏限定メニューやお食事系も食べてみたくなりました。

本日のお茶 650円

本日のお茶 650yen

+650円で本日のお茶をセットにできます。この日は定番の抹茶でした。

平たいお洒落なグラスに入れられて涼しげ。

抹茶!って感じでとても美味しかったです。

まとめ

抹茶をはじめ、厳選された豊富な茶葉が揃っており、お茶だけでなく抹茶ビールなんてものまでありました!

カフェメニューやお食事も抹茶メニュー豊富で、抹茶好きにはたまらない幸せ空間でした。

ドリンクやお食事、カフェメニューには抹茶を含まないものもありますので、万が一抹茶が苦手であっても安心して楽しむことができます。

都会の喧騒を忘れてお茶の香りと共にゆったり過ごせる「1899」。

みなさんもぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

「RESTAURANT 1899(いちはちきゅうきゅう) OCHANOMIZU」

営業時間

  • ランチ 11:00~14:00(L.O.13:30)
  • カフェ  14:00~16:30(L.O.16:00)
  • ディナー 17:30~22:00(L.O.21:00)
  • ディナー営業を当面の間、臨時休業中(営業時間は変更する場合あり)
  • 政府からの緊急事態宣言発令を受け、酒類の提供を終日停止中

(2021年5月現在)

定休日なし

アクセス

JR 御茶ノ水駅(聖橋口)/徒歩5分
JR 神田駅(4番出口)/徒歩7分

銀座線 神田駅(4番出口)/徒歩7分
千代田線 新御茶ノ水駅(B3a出口)/徒歩1分
丸の内線 淡路町駅(B3a出口)/徒歩1分
都営地下鉄新宿線 小川町駅(B3a出口)/徒歩1分

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4

公式サイト

RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU
RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU - 御茶ノ水駅徒歩3分 和食レストラン 御茶ノ水駅から徒歩3分の「茶を食す」和食ダイニング。お茶を飲むのはもちろん、体に良いお茶を和食に取り入れた新しい和食で「お茶のあるおもてなしの食風景」をお届けし...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をみんなにも紹介しよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる