【食べ比べ】セブンの冷凍たこ焼きはどっちが美味しい?実際に食べてみてオススメを決めてみた【セブンイレブン】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

みなさん、セブンイレブンに売っているたこ焼きがめちゃくちゃ美味しいということ、知っていますか?

皆さん

いやいや、コンビニで売っているたこ焼きなんてみんなブヨブヨタコも小さくて大して美味しくないでしょ・・・w

それがね、皆さん。

今、セブンイレブンでは2種類のたこ焼きが販売されているのですが、まずは結論から言っておきます。

どっちもめちゃくちゃ美味いです!!!!!!

ご飯のお供にするも良し、お酒のおつまみにするも良し。
みんな大好き たこ焼きさんが進化を遂げていました。

BONO

では、今回実食していくたこ焼き達がこちら↓

左:築地銀だこ(税抜き500円) 右:だし香るふわとろ食感たこ焼き(税抜き210円)

左のたこ焼きは、銀だこの文字が何故か食欲をそそる「築地銀だこ GINDACO(税別500円)」

文字通り銀だこの味をイメージし再現した中はトロッと、たこはプリッとしたタコ焼きらしい。
お店と同様ひとつひとつ丁寧に手焼きしました」と書いてありますが、さすがに嘘だろそれは

右のたこ焼きは、セブンイレブン独自の味「だし香るふわとろ食感たこ焼き(税別210円)」

値段が銀だこの2分の1とめちゃくちゃ安いのが特徴です。

では、早速食べ比べをしていきましょう!

目次

だし香るふわとろ食感たこ焼き(税別210円)

さて、まず最初に食べていくのは「だし香るふわとろ食感たこ焼き(税別210円)」。

値段がかなり安いので、味に心配がありますがパッケージを見る限りは美味しそうです。

パッケージを開けてみると・・・

中身
BONO

なんかブヨブヨじゃない?

MOKU

カリッとはしてなさそうだね

パッケージには「ふわとろ食感」とあるので、確かにカリカリ系ではなさそうですね!

さっそく食べていきましょう。

あつあつふわとろで最高

温めました
BONO

めっちゃ美味そうじゃん

トッピングはソースとかつお節のみ。青のりやマヨネーズは無くかなりシンプルな構成です。

では、実食。

MOKU

食べますよ

BONO

どうぞどうぞ。

BONO

どう?美味い?

結果は・・・・・・

MOKU

めっちゃ美味い!!!!!!!!!

美味かったです。

確かにだしが香っていて(何のだしかは知らないけど)食欲がずんずん促進されていくのが分かる。
カリカリッ感は全くありませんが、ふわとろ感がスーパーとかで売っている従来のブヨブヨたこ焼きとは確実に一線を画していました。

たこの大きさも十分

たこの大きさも申し分なく、たこ焼き本体との比率は1/8くらいですかね。少なくとも「小さいな」とは全く思いませんでした。

たこ焼きにおいて、たこの大きさは味の次に重要ですからね。これはかなり良い。

アレンジは?

BONO

これ、マヨネーズかけたら確実に味上がるよね

MOKU

酒がめちゃめちゃ進む

写真にはありませんが、何本かお酒を用意していました。
たこ焼きを食べ出した瞬間に酒の消費量が段違いに進んで面白かった。

マヨネーズや青のりなど、スタンダードなトッピングは間違いなく合うと思います。
2袋買って、1つは普通に食べて、もう1つはアレンジしながら食べたら盛り上がるかも。

築地銀だこ(税別500円)

BONO

大本命きた。

続いて食べていくのは「築地銀だこ GINDACO(税別500円)」。

値段が先ほどの倍となっており、自動的に味へのハードルが爆上がりしていますが、我々の期待を超えることは出来るのでしょうか・・・!?

MOKU

これでさっきのたこ焼きの方が美味しかったら、この子の存在価値無いよね。値段高いし

結構言うね。

では、食べていきましょう!

見た目の時点でもう美味しい

MOKU

やば

BONO

もうテロじゃん。こんなの

まさかこんなにも「たこ焼き感のあるたこ焼き」がコンビニで買えるなんて驚きです。
ヤバくないですか?これ、もはや宣材写真ですよ

紙皿で撮影したことを後悔するほどのヴィジュアルに圧倒される2人ですが、肝心な味はどうなのでしょうか?

値段相応の味

トッピングはかつお節・青のり・銀だこソース
BONO

バチクソ美味い

MOKU

これがコンビニ商品・・・?

外はカリッと、中はふわとろ。
こんな素晴らしいたこ焼きが食べられるなんて思いもしませんでした。

BONO

しかもタコでっっか

さっきの200円たこ焼きもタコの大きさに不満はありませんでしたが、こちらの銀だこはさらにデカい。
食べ比べたら一瞬で違いが分かるくらい大きさが違いました。

味もキュッとしまっていて若干大人の味な印象。

トッピングも一味違う

トッピングは先ほどと違い、青のりがプラスで付いてきます。
しかも、かつお節は粉々になっていて食べやすくなっているのが特徴です。

MOKU

扇風機の前で食べたら終わり

結局どっちが美味しいの?

さて、2つ食べ終えたところで本題である「どっちのたこ焼きの方が美味いか?」を議論していきます。

BONO

マジで難しい・・・

MOKU

両者とも全く違うスタイルのたこ焼きだから選びがたい・・

200円たこ焼きは外はふわふわ、中はトロトロ
銀だこは外はカリッと、中はトロトロ

さながらきのこの山とたけのこの里論争ばりに好みが分かれそうな2つのたこ焼き。

まずは両者の意見を聞いてみましょう。

BONO

個人的に、銀だこかな。

やっぱり値段の差は味に比例していて、200円たこ焼きよりも味に深みがある気がする。カリッとしたたこ焼きが好きなのもあるけどね。

ただ、200円たこ焼きには青のりがついていないので、青のりをかけたらかなり僅差になると思う。

晩酌のお供にするなら200円たこ焼きで十分だと思いました。(酔っ払ったら味とか分からないので)

MOKU

銀だこです。
今回は「どちらが美味しいか」という事で、値段を考えずに決めました。

銀だこは本格派で、200円たこ焼きはお子様向けな味って感じかな。

でも、ノーマルの方がパクパク食べられるよね。気分的にも。

BONO

てことは、おつまみだったら200円のたこ焼きってこと?

MOKU

いや、銀だこかな

BONO

銀だこなんかい

という訳で、当ブログにおける「セブンイレブンの冷凍たこ焼きはどっちが美味しいか?」の結論は

「築地銀だこ GINDACO(税別500円)に決定いたしました!!!!!!

やはり、値段が高いだけあって味もかなり美味しかったですね。

もちろん、200円たこ焼きもコスパを含めて考えれば銀だこを超えるくらいのポテンシャルを秘めているので、どちらもぜひ皆さんに食べていただきたいですね!

おわりに

今後もこういった食べ比べをしていくので、良ければ当ブログをブックマークして暇な時間に見にきていただけたらと思います。

では、さようなら。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をみんなにも紹介しよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる